ネット古本屋「深夜の鰐」徘徊日記

深夜に読む本、深夜でも読みたい本。 オンライン古本屋『深夜の鰐』の日常と、 本に関するあれこれ。不定期更新。

深夜に読む本、深夜でも読みたい本★
冒険小説・ミステリ・現代文学から雑学・ノンフィクションまで、
文庫多めのオンライン古本屋。
http://nocturnalbooks.cart.fc2.com/

2017年…

更新サボっている間に、年が変わってしまいました…
もう2月ですね。
とりあえず、まだ生きています。
まぁいろいろあって、いろいろ大変ですが。

本年もよろしくお願い致します。



オンライン古本屋 深夜の鰐(しんやのわに)
http://nocturnalbooks.cart.fc2.com/

【書評】あかんやつら 東映京都撮影所血風録(春日太一 著)

●ヤクザとチャンバラ、熱き映画馬鹿たちの群像!
型破りな錦之介の時代劇から、警察もヤクザも巻き込んだ
「仁義なき戦い」撮影まで。東映の伝説秘話を徹底取材し
たノンフィクション。


東映作品が好きだ。『仮面ライダー』が大好きだった「ま
んがまつり」世代なら、それはほとんど刷り込みに近いもの
がある。しかし、ある時期まで東映といえば「チャンバラと
ヤクザと不良の映画」ばかり、というイメージが根強く、ど
うかすると一段低い評価に甘んじるところがあった。「娯楽
映画で何が悪いのか!」と、つい逆上気味に反論したりする
一方、確かに一理あるかも…と、気落ちしたことも否めない。

東映映画が長らく低調だった時代、東映作品を愛する諸氏
の手によって、良くも悪くもエネルギッシュな、その娯楽映
画としての素晴らしさを説く評論や批評が数々発表され、近
年、再評価されるようになったが、では、その映画を「作っ
てきた人々」はどうだったのか。どう思っていたのか。
事実は小説より奇なり。彼らは映画以上にハチャメチャで
アナーキーで、過剰なまでに映画に対する情熱をみなぎらせ
た「憎めないやつら」だったのである。

十年に及ぶ長期取材、執筆期間三年という労力を費やした
本作は、監督とプロデューサー、脚本、照明、美術、殺陣師
たちの貴重な証言を元に、東映創設から現在に到るまでの栄
枯盛衰の変遷をダイナミックに描き出し、東映京都撮影所の
人々の、知恵と汗と心意気の六十年をギュッと濃縮した、ま
るで「紙のドキュメンタリ映画」のような作品である。
それはまるで大河小説の様にドラマチックかつ刺激的で、
濃厚な面白さを放っている。全編、軽々に読みとばせない、
知られざる事実の連続で、それなりにあちこちで読みかじっ
てきた東映の歴史や撮影のエピソード、それらの断片が頭の
中でパズルのようにつなぎ合わされ、その全体像が立体的に
立ち上がってくる痛快さ。今までの『東映』観のみならず、
「映画観」そのものが大きく変わること必至である。

「まんがまつり」に熱狂した世代もすっかり大人になり、
かつてのヒーロー「仮面ライダー」も平成の世に復活して久
しい。そのシリーズ作品に付された惹句(コピー)には「伝
説は塗り替えるもの」「目覚めろ、その魂」「戦わなければ
生き残れない」…とある。この言葉は、いま「東映」そのも
のにこそ向けられているのではないかと思う。この本の最大
のメッセージもまさにその一点にある。「血湧き肉踊るよう
な映画こそホンモノ」という映画屋魂の復活を、我々は夢み
ているのだ。本書はその夢の序章として、まさに質実痛快・
猛読必冊の好書である。


あかんやつら『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』
春日太一 著(文春文庫)
定価:本体1,020円+税
発売日:2016年06月10日
ページ数:544ページ
ISBN :978-4-16-790641-2

6月5日の本

【深夜の鰐】 ★レイ・ブラッドベリ #没後4年(1920-2012)
『恐竜物語』『太陽の金の林檎』 nocturnalbooks.cart.fc2.com/?word=%E3%83%A…


【深夜の鰐】★野田昌宏 #没後8年(1933-2008)
『キャプテン・フューチャー』シリーズ、『スターウォーズ』3部作邦訳
 nocturnalbooks.cart.fc2.com/?word=%E9%87%8…


【深夜の鰐】★森茉莉 #没後29年(1903-1987)
空虚な現代生活を侮蔑する奔放豪華な夢『贅沢貧乏』(講談社文芸文庫) nocturnalbooks.cart.fc2.com/ca131/638/p-r-…


【深夜の鰐】★恐怖の日…『オーメン』はないけど『エクソシスト』はあります。 nocturnalbooks.cart.fc2.com/?ca=43


【深夜の鰐】★かえるの日…かえる情報満載、カエル愛1000%の文系かえる読本!
『かえるる』高山ビッキ(山と渓谷社) nocturnalbooks.cart.fc2.com/ca119/526/p-r-…

【深夜の鰐】海外作家ミステリ

 ミステリ・探偵小説 > 海外作家
詳細・御注文はこちらで→


 『アクロイド殺人事件』
アガサ・クリスティ (新潮文庫)


 『三つの棺』
史上名高い「密室講義」、不朽の名作!
ジョン・ディクスン・カー(ハヤカワミステリ文庫)


『思考機械』
透徹した論理と推理が難事件を解決する
ジャック・フットレル(ハヤカワミステリ文庫)


 『水平線の男』
フェアかアンフェアか?歴史に残る名作
ヘレン・ユースティス (創元推理文庫)


 『皇帝のかぎ煙草入れ』
証明できないアリバイ、事件の真相は?
ジョン・ディクスン・カー(角川文庫)


『エジプト十字架の秘密』
首なし磔死体の謎に挑むエラリイの推理
エラリイ・クイーン(ハヤカワ・ミステリ文庫)


 『日本庭園殺人事件』
【国名シリーズ】女流作家の謎の急死…
エラリー・クイーン(角川文庫)


『犯罪は王侯の楽しみ』
娘の命と引き換えに完全犯罪に加担が…
カトリーヌ・アルレー(創元推理文庫)


『目には目を』
破局へ突き進んでいく四人の男女の運命
カトリーヌ・アルレー(創元推理文庫)

 『呪い』
謎の女の虜となった男、妻に迫る災厄!
ボワロ&ナルスジャック(創元推理文庫)



 『ミステリマガジン700 【海外篇】』
ミステリ専門誌だからこその豪華傑作選
杉江松恋 編 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


 『親指のうずき』
おしどり探偵トミーとタペンスの活躍。
アガサ・クリスティ(ハヤカワ・ミステリ文庫)
※難有り特価品

 『にぎやかな眠り』
クリスマス嫌いの教授の行動が事件を?
シャーロット・マクラウド(創元推理文庫)

 『アルバート公売ります』
詐欺師2人組の破天荒な作戦とその顛末
マイクル・バタワース(ハヤカワ・ミステリ文庫)
 
『シャーロック・ホームズ』
名探偵ホームズが解明する6つの事件。
コナン・ドイル(集英社文庫)

『世界鉄道推理傑作選1』
鉄道を舞台に起こる事件と名推理の数々。
小池滋 編 (講談社文庫)


 『グリーン家殺人事件』
姿なき殺人者に対峙する名探偵ヴァンス
ヴァン・ダイン(創元推理文庫)


 『ドラゴン殺人事件』
プールから消えた青年。水底には巨竜の足跡が
ヴァン・ダイン(創元推理文庫)


『怪盗紳士リュパン』
神出鬼没の怪盗、痛快無類の活躍8短編
モーリス・ルブラン(創元推理文庫)
 

『Xの悲劇』
満員電車内の巧妙な殺人を名推理で解明
エラリー・クイーン(創元推理文庫)


 『不許複製』
二重三重のどんでん返し、意表突く快作
ミッシェル・ルブラン(創元推理文庫)


 『聖域の雀/修道士カドフェル(7)』
殺人容疑の旅芸人、本当に犯人なのか
エリス・ピーターズ(現代教養文庫)

詳細・御注文はこちらで→
※2016年5月現在の在庫です。

【深夜の鰐】荒巻義雄

【荒巻義雄】
詳細・御注文はこちら→


『女神たちの午後―青い旅の作品集』
(角川文庫)


『天女の密室』
(角川文庫)


『ヴァルプルギスの夜』
SF短編集
(角川文庫)


『シルクロードの秘宝』
(徳間文庫)


『ソロモンの秘宝』
(徳間文庫)
 

『「新説邪馬台国の謎」殺人事件』
古代史最大の謎が絡んだ殺人事件の真相
(講談社文庫)


『「能登モーゼ伝説」殺人事件』
男の惨殺死体、謎を解く鍵は「モーゼ」
(講談社文庫)


『神撃つ朱い荒野に』
(徳間文庫)


『五万年後の夏休み』
(角川文庫)


『神州白魔伝 九来印之壷の巻』
(角川文庫)


詳細・御注文はこちら→
※2016年5月現在の在庫です。
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
映画(とりわけ邦画)好きの古本者。オンライン古本屋『深夜の鰐』営業中→ https://t.co/OqAdbqSmbV ▼映画やドラマ、本のことを中心に、日々の雑感を。(映画ツイートまとめ→ https://t.co/vV7iVINrxw )▼座右の銘は「行雲流水」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ