詳細・御注文はこちら→


『死者と栄光への挽歌』
構想十年、推理小説で問う、戦争と戦後。
結城昌治(文春文庫)


『仲のいい死体』
男女の変死体の謎に挑む郷原の名推理。
結城昌治(角川文庫)



『影の殺意』
バラエティに富んだ6篇、初期短編集。
結城昌治(角川文庫)


『ひげのある男たち』
著者のデビュー長編の傑作本格推理。
結城昌治(徳間文庫)


『泥棒 ショート・ショート全集』
古典落語に精通した著者が描く30の物語
結城昌治(集英社文庫)
 

『ゴメスの名はゴメス』
熾烈なスパイ戦の渦中で、坂本の運命は
結城昌治(角川文庫)



詳細・御注文はこちら→

※2016年5月現在の在庫です。