ネット古本屋「深夜の鰐」徘徊日記

深夜に読む本、深夜でも読みたい本。 オンライン古本屋『深夜の鰐』の日常と、 本に関するあれこれ。不定期更新。

冒険小説

『スネーク・コネクション(上下)』

莫大な遺産を巡る、度肝抜く策謀と闘い

ジョン・ラング(河出文庫)
The venombusiness
河出書房新社/1986 初版/上297P、下290P
高見浩 訳
カバーデザイン:渋川育由
単行本:1971 『毒蛇商人』早川書房刊
※改題の上、適宜加筆訂正。

●チャールズ・レイノー。アメリカのエリート
大学を卒業しながらビジネスマンの生活に安住
できず、いまはメキシコのユカタン半島でスネ
ーク・ハンターとして暮らしている。が、それ
はあくまで表向きの顔。本業は「危険を請負う
男」。保持するパスポートは四通。時に応じて
さまざまな人間に扮しながら、マヤ文明の出土
品を密売したりする。 そんな彼が毒蛇の入った
箱をたずさえてパリに現われた。
【上巻 目次】
第1部 スネーク・マン
第2部 爬虫類学者会議

クリックで画像を表示
※画像はイメージです。
クリックで画像を表示
※画像はイメージです

●そのパリでチャールズ・レイノーが旧友の億
万長者の息子と再会したことから、サスペンス
フルな陰謀レースが幕をあける。ターゲットは
五十億ドルの巨額の遺産。空前の建築プロジェ
クトに執念を燃やす若手実業家。彼の命を狙う
妖艶な養母。「怒り」の研究に専念する奇怪な
医師。なぜか彼らのすべてがレイノーを味方に
つけたがる…。『アンドロメダ病原体』の著者
マイケル・クライトンが別名着で放つ大型エン
タテインメント。
【下巻 目次】
第2部 爬虫類学者会議(つづき)
第3部 毒のビジネス
訳者あとがき



状態:上下2巻セット。
三方に軽いヤケあり。

注文はこちら→

冒険小説

冒険小説・スパイ小説 (111)
ガイドブック (8)

【海外作家】 (12)
ジョン・ラング/デイヴィッド・マレル/トニー・ケンリック
コリン・フォーブス/ルシアン・ネイハム/ハロルド・ロビンス
ラムラス&シェイナー/フレデリック・フォーサイス/
マイケル・バー=ゾウハー/セシル・スコット・フォレスター/
リチャード・ジェサップ/ケン・フレット


アリステア・マクリーン (1)
ジャック・ヒギンズ (6)
ギャビン・ライアル (3)
トレヴェニアン (2)
クレイグ・トーマス (2)
クライブ・カッスラー (2)
ディック・フランシス (3)
ハモンド・イネス (1)
デズモンド・バグリイ (1)


『インディ・ジョーンズ』シリーズ (15)
『007』シリーズ (5)
『奪還チーム』シリーズ (2)


【日本人作家】 (29)
西村京太郎/矢野徹/佐々木譲/富樫倫太郎/荒俣宏
笹本稜平/鳴海章/柘植久慶/田中光二/岡本好古/
小栗虫太郎/末浦広海/東郷隆/真保裕一/景山民夫
武田泰淳/木内一裕/樋口明雄/横山秀夫/松浪和夫
伴野朗/ 斉藤純/有川浩


船戸与一 (7)
谷恒生 (1)
柳広司 (1)
福井晴敏 (3)
山田正紀 (2)
狩野あざみ (5) 

【深夜の鰐】冒険小説・スパイ小説(2)

※2016年5月現在での在庫です。

ジャック・ヒギンズ

『虎の潜む嶺』
チベットからの人質救出作戦の結末は…
ジャック・ヒギンズ(ハヤカワ文庫)

『鷲は舞い降りた』
チャーチル誘拐、死地に赴く精鋭部隊。
ジャック・ヒギンズ(ハヤカワ文庫NV)

『ヴァルハラ最終指令』
ナチ最後の秘謀、激突する米独精鋭部隊。
ハリー・パタースン(ハヤカワ文庫)

『死にゆく者への祈り』
多生の縁から非情な悪と対決する一匹狼
 ジャック・ヒギンズ(ハヤカワ文庫)
 
 『地獄島の要塞』
軍事政権打倒を図るメンバーを救出せよ
ジャック・ヒギンズ(ハヤカワ文庫)

詳細・御注文はこちら→



ギャビン・ライアル

『深夜プラス1』
真夜中を駆ける男たちの矜持を描く名作
ギャビン・ライアル(ハヤカワ・ミステリ文庫)

『もっとも危険なゲーム』
トラブルに巻き込まれた一匹狼の操縦士
ギャビン・ライアル(ハヤカワミステリ文庫)

詳細・御注文はこちら→



トレヴェニアン

『アイガー・サンクション』
登山家にして殺し屋、アイガー北壁に挑む
トレヴェニアン(ハヤカワ文庫)

詳細・御注文はこちら→



クレイグ・トーマス

『ファイアフォックス』
ロシアから最新鋭ジェット機を奪取せよ
クレイグ・トーマス(ハヤカワ文庫NV)

『狼殺し』
甦った過去の記憶、裏切り者には死を。
クレイグ・トーマス(河出文庫AF)

詳細・御注文はこちら→



アリステア・マクリーン

『女王陛下のユリシーズ号』
満身創痍の艦に迫る敵の追撃と大暴風雨
 アリステア・マクリーン(ハヤカワ文庫)

詳細・御注文はこちら→



クライブ・カッスラー
『タイタニックを引き揚げろ!』
悲劇の豪華客船に隠された重要機密とは
クライブ・カッスラー(パシフィカ)

『タイタニックを引き揚げろ』
次々と迫る難関、伝説の船は浮上するか
クライブ・カッスラー(新潮文庫)

詳細・御注文はこちら→



ディック・フランシス

『興奮』
障害レースの不正のからくりとは?
ディック・フランシス(ハヤカワ文庫)

『利腕』
相次ぐ本命馬惨敗の真相にシッドが迫る
ディック・フランシス(ハヤカワ文庫)

『大穴』
元騎手のシッドが競馬界の陰謀に挑む!
ディック・フランシス(ハヤカワ文庫)

詳細・御注文はこちら→

※2016年5月現在での在庫です。

【深夜の鰐】冒険小説・スパイ小説

【 冒険小説・スパイ小説 > 海外作家 】

2016年5月現在の在庫です。詳細は店舗サイトへ→


『スカイジャック』
奇想天外、消えたジャンボ機と乗客は?
トニー・ケンリック(角川文庫)

『アバランチ・エクスプレス』
亡命の大陸横断急行襲いかかる危機の嵐
コリン・フォーブス (ハヤカワ文庫 NV323)


『シャドー81』
用意周到・大胆不敵なハイジャック犯。
ルシアン・ネイハム(ハヤカワ文庫)


『冒険に賭ける男』(全3巻)
故国を巡る政略・陰謀、波瀾の大ロマン
ハロルド・ロビンス(河出文庫)


『戦艦奪取大作戦』
命知らずの15人、海の要塞を奇襲せよ!
ラムラス&シェイナー(集英社文庫)


『戦争の犬たち(上・下)』
独裁大統領邸を強襲する傭兵部隊の活躍
フレデリック・フォーサイス(角川文庫)


『ダ・ヴィンチ・コード』
世界的画家が仕掛けた驚くべき暗号の真相!
ダン・ブラウン(角川文庫)


『ベルリン・コンスピラシー』
謎の事件とドイツに展開する国際的陰謀。
マイケル・バー=ゾウハー(ハヤカワ文庫)


『スコーピアスの謎』
謎の武器商人と対決するボンドの活躍。
ジョン・ガードナー(文春文庫)


『アイスブレーカー』
国際的な対テロ作戦の真相に挑むボンド
ジョン・ガードナー(文春文庫)


『サムソン奪還指令』
 機密奪還を賭けた緊迫のカーチェイス!
S・L・トンプソン(新潮文庫)


『ウィンザー公掠奪』
要人誘拐の密命を受けた若き将校の闘い
ハリー・パタースン(ハヤカワ文庫)

『北海の星』
海底油田施設を舞台に再燃する男の過去
ハモンド・イネス(ハヤカワ文庫)


『燃える戦列艦』
地中海封鎖戦に臨む海の男たちに勝算は
セシル・スコット・フォレスター(ハヤカワ文庫)


『摩天楼の身代金』
超高級住宅を人質にとった青年の奇策。
リチャード・ジェサップ(文春文庫)


『ダーティー・シティ』
ヤバい女依頼人が持ってきた厄介な事件
ドン・ペンドルトン(徳間文庫)


『美女と野獣』
妻殺しの嫌疑、無罪は勝ち取れるか。
エド・マクベイン (ハヤカワ文庫)

『針の眼』
機密を手に逃走するスパイを待つ運命。
ケン・フォレット(ハヤカワ文庫)

『高い砦』
絶体絶命のアンデス山中、決死の脱出行
 デズモンド・バグリイ(ハヤカワ文庫)

『ヤング・シャーロック ピラミッドの謎』
 16歳の若きホームズが遭遇した恋と冒険
アラン・アーノルド(新潮文庫)


2016年5月現在の在庫です。詳細は店舗サイトへ→
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
映画(とりわけ邦画)好きの古本者。オンライン古本屋『深夜の鰐』営業中→ https://t.co/OqAdbqSmbV ▼映画やドラマ、本のことを中心に、日々の雑感を。(映画ツイートまとめ→ https://t.co/vV7iVINrxw )▼座右の銘は「行雲流水」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ