ネット古本屋「深夜の鰐」徘徊日記

深夜に読む本、深夜でも読みたい本。 オンライン古本屋『深夜の鰐』の日常と、 本に関するあれこれ。不定期更新。

NHK

NHK土曜時代ドラマ原作 『みをつくし料理帖』(ハルキ文庫)

NHKみをつくし
5月スタートのNHK土曜時代ドラマ新シリーズ
黒木華主演の『みをつくし料理帖』の原作小説の
在庫です。ただいま書店でも大人気のようで、古
本催事でもひんぱんにご質問受けました。
以前、民放でドラマ化されましたが、キャスト
や映像イメージ的には、こちらの方がぴったりな
気がしますね。原作が先か、ドラマが先か…たぶ
ん両方おすすめです。

●在庫は各一冊ずつ(5/10現在)、第2巻は売
り切れです。
ショップサイトからもご注文いただけます。

システムの都合上、売り切れの場合もありますの
で、予めご了承ください。














●在庫は各一冊ずつ(5/10現在)、第2巻は売
り切れです。
ショップサイトからもご注文いただけます。

『悦ちゃん』ドラマ化。

冴えない作詞家の中年男に突然訪れた、
人生最大の「モテ期」。

・・実はそれは、亡き妻の忘れ形見、
10歳のお転婆娘が仕組んだことだった!


『みをつくし料理帖』に続くNHK土曜時代ドラマ第2弾は、
昭和の大衆小説家・獅子文六の代表作『悦ちゃん』の現代的
リメイク作品(とは言っても時代設定は昭和らしいですが)
とのこと。

主演の碌太郎役はユースケ・サンタマリア、その娘のタイト
ルロールの悦子役に平尾菜々花。悦子が慕うデパートガール
に門脇麦。なるほど、いい感じですね。


土曜時代ドラマ『悦ちゃん』

【放送予定】
2017年 7月15日(土) スタート<連続8回>
総合 毎週土曜 午後6時5分から6時43分 <38分>
【出演】
ユースケ・サンタマリア/平尾菜々花
門脇麦、石田ニコル ほか

【原作】獅子文六「悦ちゃん」 
【脚本】櫻井剛
【演出】大原拓 清水拓哉
【プロデューサー】家富未央
【制作統括】落合将
【制作予定】2017年5月から8月収録予定


大河ファンタジー『精霊の守り人』

NHKが3年にわたってみっちり作るドラマ企画、
放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」。
もうすぐシーズン1がスタートってことで。映像が
ちょこちょこ紹介されはじめてますが、なかなかに
クオリティ高いです。映画『ICHI』で女座頭市を
演じたこともある綾瀬はるかさんの短槍使いのア
クションも迫力です。
精霊の守り人
NHK総合テレビジョンで2016年3月19日から
3か年に渡って全22回で放送
シーズン1(全4話)を2016年3月19日(土)から
放送(58分)※初回のみ73分
シーズン2(全9話)を2017年1月から放送
シーズン3(全9話)を2018年1月から放送

http://www.nhk.or.jp/moribito/

【キャスト】
バルサ:綾瀬はるか
(少女期:清原果耶、幼少期:横溝菜帆)
チャグム:小林颯
タンダ:東出昌大
二ノ妃:木村文乃
シュガ:林遣都
ジグロ:吉川晃司
ガカイ:吹越満
モン :神尾佑
ジン :松田悟志
トーヤ:加藤清史郎
サヤ :彩島りあな
一ノ妃:奥村佳恵
トロガイ:高島礼子
聖導師:平幹二朗
帝:藤原竜也
ログサム:中村獅童

【スタッフ】
原作:上橋菜穂子『精霊の守り人』ほか
「守り人」シリーズ全10巻「外伝」2巻
脚本:大森寿美男
音楽:佐藤直紀
演出:片岡敬司


そんな大河ドラマの原作『精霊の守り人』ですが、
どこの書店でも大人気のようです。
我が店にもたまたま在庫ありました。(一冊だけ!)
精霊の守り人(1)
http://nocturnalbooks.cart.fc2.com/ca1/867/
お早めに!
(売り切れの際はご了承ください…)

朝の「不連続」なテレビ観覧について。

朝が弱いので、 NHKの朝ドラ『あさが来た』はほとんど
昼の再放送で観ています。

まったくもって我が家には、全然「朝が来て」ないじゃな
いか!という話なんですが、元々そういう習慣がなかったの
で致し方ないところです。実家では朝ドラといえば、TBSの
ポーラテレビ小説(『こおろぎ橋』とか)だったし。

NHK朝ドラの主演女優は、かなりの確率でその後に好きな
女優さんになっているので、真剣にチェックして然るべきな
んだけど、働いていると時間的になかなかうまくいかなくて、
まとまって観たのは『ゲゲゲの女房』が初。それも観始めた
のは東京編から。これは、かの大傑作『あまちゃん』でも同
様だったから、まぁ時間的な問題プラス、作風というか作劇
と言うか。そういうものにも左右されるらしいですね(自己
分析)。
なんだかんだで『ごちそうさん』は嫁いびりの件で挫折し
たし、他の作品はほぼスルー。ちゃんと最初から最後まで完
走したのは『純と愛』のみです。『あさが来た』は、スター
トが、古本屋辞めて空いた時間に自分で古本売り出しはじめ
たタイミングと、ちょうどうまく重なったことが大きな要因
かも知れません。また何かバイトでもはじめたら観なくなる
のかもしれないですねぇ。

それはさておき、『あさが来た』には原作ではなく原案と
なる本があります。さっそく買ってはみたものの、モデルと
なった実在の人々の歴史を知ってしまうのはいろいろアレだ
な…と思い、ネタバレしない所まで読んでそうそうに店用に
おろしてしまいました… すいません。

『小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯』古川智映子(潮文庫)

※売り切れの場合があります。ご了承ください


…ちなみにNHKの大河時代劇も苦手で、これも通してちゃん
と観たのは『新撰組!』と『八重の桜』だけです…
『真田丸』は面白いと思うんですが、はやくも脱落の気配
が(苦笑)
こちらは原作ではないのですが。新島八重を描いた本があ
るので、ついでにご紹介。

『月影の道 —小説 新島八重』蜂谷涼(文春文庫)
※売り切れの場合があります。ご了承ください


それでは、また。
【オンライン古本屋 深夜の鰐】
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
映画(とりわけ邦画)好きの古本者。オンライン古本屋『深夜の鰐』営業中→ https://t.co/OqAdbqSmbV ▼映画やドラマ、本のことを中心に、日々の雑感を。(映画ツイートまとめ→ https://t.co/vV7iVINrxw )▼座右の銘は「行雲流水」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ